FC2ブログ


2018/09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2018/11
  

神の雫&Dear亀ちゃん

「神の雫」、最終回でしたね。
今回のドラマは、普段からあまりドラマを見ない習慣?が災いして見逃してしまう事が多くて。^^;
(しかも、最近は、仁事でさえ見逃す程の顕著な健忘性症状が 苦笑)
なので、公式サイトであらすじを読んで最終回に臨みました。(出演したんかい!)

あらすじを読み進めるうちに、なんだか涙が出てきて。(え~!また?って自分でも思いました^^;)
相続をめぐって骨肉の争いが繰り広げられるなんてドラマはちょっと・・との思いと
「美味しんぼ」のワインVer.でしょ?との思いがあったのですが、それとは少し違っていました。

父を否定しながら、与えられた課題に挑戦していく所は同じようですが
ライバルとして登場した一青が実の兄で、戦っていくうちに父の想いに気付き
孤独だった二人が、ともに「二人で“神の雫”を見極めよう」と思うようになっていた・・のですよね。
弱いんです、「兄弟愛」。というか、特に恋愛でない「愛」系に。
「自分を超えてほしい」と願う、父の愛にも。^^;

最終話には、兄と弟の二人が見極めた「神の雫」と兄弟の絆がありました。^^
更に雫は、ワイン事業部の皆の友愛とみやびちゃんとの愛を
孤独だった一青も伴侶を得、さらには新しい命をも得て。

♪BYE-BYE 孤独な日々よ BYE-BYE 遠く過ぎた日よ
絡んだ糸がほどけた時、夢を手に入れた雫・・・
主題歌ONE DOROPに描かれたのは
翻弄された雫の心そのものだったのかもしれません。

・・・
亀ちゃん、お疲れ様。素敵なドラマをありがとう!
主役という大きな責任を背負って日々頑張っていた亀ちゃんを思うと目頭が熱くなります。

「恋のから騒ぎ」で扉を開けた瞬間の亀ちゃんには
未だかつて見たことのない緊張感がありました。
主役を張るというのは本当に大変なことなんだと、その時のの亀ちゃんを見て今更ながら実感。
亀ちゃんの頑張りには、頭が下がる思いです。

今度はKAT-TUNのKとして、不滅の7連続公演に挑戦ですね。
ライブでの素晴らしい化学反応を期待しています。本当にお疲れ様でした。
それまでは、RESCUEのPVで楽しませてもらいます。^^

・・・
赤西がホントにカッコいい!  byゆっち
RESCUE PVの萌えポイントは、一つ前のエントリで。^^

ジャニーズブログランキング
ランキングに参加しています。ご協力頂けると嬉しいです。
  1. 【2009/03/11 Wed 21:43】テレビのKAT-TUN//
  2. TRACKBACK(0)//
  3. COMMENT(0)//
  4. TOP

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saintkattun.blog36.fc2.com/tb.php/1865-e3517edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

// HOME //


Powered By FC2ブログ.
Copyright © RADIANT LIFE~燦然と輝く仁聖~ All Rights Reserved.